不安、悩みながらの挑戦

自分はクラウドワークスを始めとして副業といってもいいのか分かりませんが始めてみました。また他の理由としてアンケート、ブログ等をする事で自分に何が向いているのかを知りたかったからです。ここに登録したのはいいものの出来る仕事があるのか正直かなり不安でした。

https://accounting-improvements.com/entry/freeereview

やっている仕事と両立出来るのか、いろいろとこなせるのか、経験出来るのか、時間はあるのかという悩みからもなかなか消えませんでした。それ以前に自分に自信がなかったのもありました。でも少しずつでも変えていかないといつまで経っても成長できない、自分を変えたいと思っていたので挑戦する事にしました。

実際に自分でも答える事が出来る仕事があったのは安心しました。ですが使えるのがスマートフォンのみでパソコンは持ってなかったので出来る仕事は狭まりました。

アンケートやこのようなブログの仕事を提供してくれているのはとても感謝しています。まずはとても簡単な仕事から始め少しずつ慣らしていき、場数を増やしいずれ大きな仕事を引き受けたいと思っています。数をこなしていろいろ答えていけば信頼され任されやすくなるようにこのクラウドワークスで頑張っていきたいと思います。悩みや不安とも向き合っていきたいです。

口臭の原因と口臭を抑える方法

通常口臭である口臭は、口の中のVSC(揮発性硫黄化合物)によって引き起こされます。これらは口臭の原因の最も一般的なものです。

では、どうすればこれらの口臭の大きな原因を回避できるのか?

カラメトルーノ

口臭の原因の多くは、私たちが当たり前のことと思って日常的に使用しているものです。ほとんどの練り歯磨きは口臭の原因となる可能性があります。これは、泡を作る成分が実際にVSCの生成を促進するためです。

舌が乾くことも口臭の原因にもなります。これらの厄介なSVCを生成するバクテリアは酸素を嫌うので、口渇は、口臭の原因になります。また高タンパク食品も口臭の原因になります。バクテリアがアミノ酸を分解する際に匂いを発生させてしまうからです。口臭を減らすには喉、口内のバクテリアの数を減らすことです。口臭を増加してしまう食品としてアルコール、高タンパク食品、砂糖、酸性食品(フルーツジュース)等がありますが、これらはバクテリアの増殖を促すため、口臭の悪化を招きます。ですので、口臭を減らすにはこれらの食品をできるだけ控えることです。そしてアルコールや砂糖を含まないpHの高いオーラルケア商品を使用すれば口臭を減らすことができます。

髪に関して感じている悩み

自分の髪の毛は、うねりのあるクセ毛で、髪の量が年齢の割に少ないです。小さい頃からクセ毛には悩んでいて、ドライヤーをするときに出来るだけまっすぐになるよう引っ張りながら乾かしたり、傷まないよう自然乾燥ではなくドライヤーで乾かすことを心がけています。http://www.joelle-bourrat.com/

ドライヤーも温風だけでなく冷風を使いながらやっていますし、その前にやるタオルドライも、できるだけ髪が傷まないよう優しくやっています。シャンプーをクセ毛用の物もいくつか試したことがありますが、クセ毛に関してはシャンプーを変えただけでは変化を感じたことはありません。

学生時代、市販のストレートパーマ剤や縮毛矯正剤を使用したときには、クセ毛は全く改善されず、ただ髪が傷んだだけでした。散髪行っても、美容師に癖強いですねとよく言われます。親父もクセ毛で薄毛なので、完全に遺伝です。

親父が育毛剤使っていたりブラシにこだわっているのを見てきましたが、クセ毛も薄毛も相変わらずです。将来もっと薄くなったら、諦めて短髪にしてごまかすしかないかなと考えています。

個人的には自分の努力でなんとかできるならいいけど、ヅラとかには頼りにたくないかなっていうのが現在の考えです。将来的にはどうなるかわかりませんが、これからも極力努力していきます。