口臭の原因は?対策は?

コロナ禍においてマスクの着用が社会全体のマナーとして定着している現在、少なからず口臭に悩んでいる方はいらっしゃるのではないでしょうか?http://www.handicapemploi.com/

マスクをしていることで、今までは気がつかなかった自分の口臭に気がついた方もいるでしょう。今回はそんな口臭の原因と簡単な対策方法をご紹介します。

まず原因として一般的に知られているものとしては、「歯周病」「虫歯」「歯垢」「舌苔」が挙げられます。基本的には歯磨きにより予防できるものではありますが、自分が思っているほどしっかりと磨けていないこともあります。また、ストレスや健康状態により原因菌が増殖することもあります。

では、どのような対策が有効なのでしょうか?まず1番の有効手段としては、歯科医院に通うことです。口腔内のトラブルは専門家に相談しましょう。

いくつかある原因のうち、一体何が自分の口臭の原因なのかを明確にすることで、より有効な対策ができます。「歯科医院に行くほどでもないかな?」「そこまで手間をかけたくないな」という方は、セルフケアをできる道具を準備しましょう。例えば、【デンタルフロス/歯間ブラシ】は歯磨きのついでにできるケアなので、お手軽と言えます。

歯ブラシでは磨ききれない歯間の汚れもしっかり落とすことで、匂いの原因菌の発生を予防できます。【マウスウォッシュ】も有効です。単品で使うのではなく、歯磨き後に使用します。

こちらも原因菌の増殖を防ぐことができるお手軽なアイテムです。細菌の発生しやすい、睡眠中の口内環境を良好に保つためにも就寝前に使用することをおすすめします。ちなみに、口腔内が乾燥することでも原因菌が増殖してしまう為、こまめな水分補給も口臭予防に繋がります。今回は手軽にできる口臭予防についてお話しさせて頂きました。是非とも無理なく続けられる、自分にあったケア方法を見つけてくださいね。

健康な人にも発生する『生理的口臭』

口臭でも4種類ありますがその中の『生理的口臭』について説明します。この口臭は、朝起きた時やお腹がすいた時に気になると思います。主な原因としては、口の中の細菌です。たんぱく質を含んだ粘膜は口の中の唾液中の細菌によって分解されることにより口臭が発生する。

アリートの効果を辛口評価!

臭いの主な物質として3種類あり、硫化水素・メチルメルカプタン・ジメチルサルファイドは、それぞれ特有の臭いがあります。口臭は、これらの揮発性硫化化合物のガスが混ざりあって不快な臭いとなるのです。1日の中で口臭のレベルは変化しますが、1番口臭が強くなるのが、朝起きた時と空腹時です。その口臭予防ですが、口の中の汚れから臭いを出しているので、常に口を清潔に保つことで予防できます。予防ポイントとして、ハブラシなどの歯間清掃道具で歯垢を除去・マウスウオッシュなどで口臭の原因を洗い流す・舌をよく洗い舌苔を除去の3つをすれば予防することが大切です。

口の中の食べかすや歯間の食べかすをきちんと掃除することが口臭予防の最大のポイントです。この様に家で万全の予防をしても外出すると、なかなか口臭ケアが難しい物です。そのような時は、マウススプレーを携帯し、人と接する前にエチケットとして使用しましょう。あとはマスクも効果的です。

歯科矯正で出る匂い対策

私は歯科矯正をしています。

評判どう?ちゅらトゥースを実際に使った私の口コミ&効果!

歯科矯正を初めて間もない頃、ワイヤーを歯の表に上下付けている事から歯磨きがとても苦でした。
それでも自分なりに歯磨きをしていたのですが、ある日自分でも分かるぐらいの口臭の臭さと、歯茎いたる所から血が出てくるようになりました。

歯槽膿漏の為の歯磨き粉を購入したのですが、あまり効果は出ず。
歯医者の方に相談したら、口の中を洗浄・掃除してくれてすぐ完治しました。
やはり、ハミガキの仕方が悪いとの事でショックを受けた事を覚えています。

そこからハミガキの大切さを学び、様々なハミガキ用具を購入しては試していました。
今でも矯正をしているのですが、自分の口の臭さで悩む事はなくなりました。
その方法を紹介致します。
①歯磨き粉を水で濡らしすぎない

②ゴシゴシせず、丁寧にゆっくり
 ゴシゴシしすぎた為、摩擦が起きて歯も歯茎にも負担がかかっていたんだと思います。
 今は時間をかけ、丁寧にハミガキをしています。
 私は何かしながらだと適当なハミガキになってしまう事もあるので、鏡を見ながらしていました。
③液体ハミガキ(リステリンなど)を一緒に使用する

 1日1回は必ず行っています。時間がある時は、朝と夜の2回行います。
 ハミガキを一回終わった後、液体ハミガキを口に含み、再度磨きます。
 そうする事で口の中がとてもすっきりしますし、磨ききれたと思っていた汚れもポロっと一緒に出てくる事もあります。

歯は一生ものです。若いうちから歯を大切にし、いつまでも好きな物を思いっきり食べれる自分でありたいですね。