口臭の原因と口臭を抑える方法

通常口臭である口臭は、口の中のVSC(揮発性硫黄化合物)によって引き起こされます。これらは口臭の原因の最も一般的なものです。

では、どうすればこれらの口臭の大きな原因を回避できるのか?

カラメトルーノ

口臭の原因の多くは、私たちが当たり前のことと思って日常的に使用しているものです。ほとんどの練り歯磨きは口臭の原因となる可能性があります。これは、泡を作る成分が実際にVSCの生成を促進するためです。

舌が乾くことも口臭の原因にもなります。これらの厄介なSVCを生成するバクテリアは酸素を嫌うので、口渇は、口臭の原因になります。また高タンパク食品も口臭の原因になります。バクテリアがアミノ酸を分解する際に匂いを発生させてしまうからです。口臭を減らすには喉、口内のバクテリアの数を減らすことです。口臭を増加してしまう食品としてアルコール、高タンパク食品、砂糖、酸性食品(フルーツジュース)等がありますが、これらはバクテリアの増殖を促すため、口臭の悪化を招きます。ですので、口臭を減らすにはこれらの食品をできるだけ控えることです。そしてアルコールや砂糖を含まないpHの高いオーラルケア商品を使用すれば口臭を減らすことができます。